自分で行なうハクビシン対策~正しいグッズ利用で追い出せる~

注意すべき個人でのハクビシン駆除【保護法違反にご用心】 注意すべき個人でのハクビシン駆除【保護法違反にご用心】

家の中にハクビシンが住み着いた時の追い出す方法

作業員

市販されている忌避剤の使用など、保護法に抵触せずに追い出す方法はあります。しかし、こうした方法は100パーセント確実にハクビシンを追い出せるというわけではないので、注意しましょう。

ハクビシンは実は頭が良い?

ハクビシン用の駆除グッズは数多く販売されています。ハクビシンが嫌がる臭いを発する忌避剤や、害獣が通過すると強力なライトを照射するグッズ、人には感知できない超音波で追い出す機器など、ホームセンターや通販サイトなどで手軽に購入することができるでしょう。しかし、これらのグッズを使用しても、一旦家に住み着いたハクビシンには効果がない場合があるのです。これは決して忌避剤やライト自体に効果がない、というわけではなく、無害だと学習することで慣れてしまった結果なのです。 このように、グッズはハクビシンが侵入する予防としては効果的ですが、一度侵入されて巣を作られると期待していた効果が得られない場合があります。

ペットを守るために家からハクビシンを追い出す

ハクビシンがどこから侵入してきたのか確認する

忌避剤や燻煙剤などを使用する場合、重要となるのが、ハクビシンが家のどこから侵入してきたかということです。どれだけ強力な忌避剤でも、ハクビシンが出入り口として使っている場所を塞ぐように設置してしまうと、家から出るどころかさらに奥へと隠れてしまいます。燻煙剤や忌避剤を使う場合、必ず侵入経路を確認して、家の奥から侵入経路へと追いやるように使用しましょう。

燻煙剤で追い出して侵入経路を塞ぐ

一度ハクビシンを追い出すことに成功しても、しばらくするとまたハクビシンが家に戻ってきてしまうことは多くあります。野生動物は自分の巣や縄張りに対する執着心が強く、一度居心地がよいと感じた場所には、何度でも訪れるようになるのです。そのため、燻煙剤などで追い出した後は、二度と入って来られないように、必ず侵入経路は全て塞いでおきましょう。

燻煙剤を使用するならペットを家から離す

燻煙剤の中には、人には無害でもペットや動物に対しては有害な製品もあります。大切なペットに悪影響を与えないよう、ハクビシン対策を行なう間は知り合いに預けるか、ペットホテルに預かってもらうとよいでしょう。

TOPボタン